Junko流!! 60歳からの人生 バージョンアップ術 ★

~昭和31年生まれのJunkoが真の豊かさを手に入れる 人生バージョンアップ術を伝授‼

ゴミについて考える

 


人が生きていく上で、ゴミは必ず出ます。

例えば、赤ちゃんの時から大人になるまで、どれだけのゴミを出してきたのだろうと考えてみました。


それは凄い量になるでしようね。


その時々で必要になったり、不要になったり数々の物との出会いや別れがあります。


命あるものはみな、変化をするため仕方がないところもありますが、


例えば、植物は不要となった葉っぱが落ち、それが腐敗しまた養分となり、実や花、葉っぱをつける。自然の営みは本当にすごいと思います。

 

私達人間は到底できないことですが、

 

私も少しでもゴミを減らすために、せめて自分が不要と思う物も、再利用をしていただける方に差し上げるリサイクルを積極的に取り組めたらと思うようになりました。


自分は使わなくても、それが今必要とする方へお譲りする。


その一つとして、最近ではメルカリにも挑戦しています。

 

以前の私は、いつか使えると思う物や、災害時にもしかして必要となるかもという不安から、沢山の物を溜め込んでいました。


今の家に引越してきて、何もなく広いと思っていた部屋もそれらの物で場所を取り、あっという間にその空間が物で埋まりました。


そして、とても使い勝手の悪い部屋に、どうしたら良いかすら見えなくなっていました。


ここは人の手を借りようと思い、お片付け専門職の方にお手伝いして頂き、物を減らす為にまず出すことからはじめました。

 

出した物のその中で同じ用途のものは、ひとつに減らす。という作業をして、少しずつものを減らして、空間を広くして行きました。


いつか使うかも、と思っていた物もリサイクルやメルカリで一掃。 

 

実際にリサイクルができなくて、処分したものもたくさんありましが、💦

 

お陰で今は、気持ちまで晴れ晴れ。🤗


気の流れも循環し、我が家がとても居心地の良い場所となりました。

 

不要な物は溜めない、デドックスしていく事の重要性を知りました。


処分することで、心が痛いと思うこともありましたが、その物には『ありがとう』と声をかけて手放しました。

 

今はそんな経験があったからこそ、物を簡単に増やさないように心がけるようにもなりました。


そして、物との関わりを通して、人との関わりについても変化をして来ています。


それがどんな未来に繋がるのか、とても楽しみです。

 

f:id:juno329:20210301112609j:image

 

 

 

 

 

口角を上げて


私達の顔は30種類以上の表情筋があります。


その筋肉がうまく使えなくなると、食べたり、飲んだり、話したりすることにも影響を及ぼします。

 

そして、嬉しい時、悲しい時もその筋肉を使って表情を作っています。


その事で、視覚を通して、お顔の表情から相手の思っている事を読み取りながらコミニュケーションをとっています。


特に笑顔は安心感と話しやすい雰囲気を作る最大の武器ですね。


言葉はなくても優しい微笑だけでお互いの気持ちが通じ合うことだってあります。


しかし、コロナ禍では、その表情がマスクで半分隠されて、相手の喜怒哀楽も読みきれないことがあります。


最近は『目は口ほどにものを言う』のコミュニケーションの方法も必要だと思います。


そしてコミュニケーションだけでなく、

加齢や長いマスク生活で筋肉が衰え、たるみや老けた顔の自分が写し出された鏡を見て、ギョッとすることがあります。


今までは人と会って一緒に笑ったり、怒ったり、悲しんだりと表情も豊かでしたが、

今は人と会う機会も減り、喜怒哀楽の表現がほぼなく、

ますます表情筋を動かすことが少なくなっています。


将来、マスクを外す時が来たら

このままではいけない💦


筋肉はいくつになっても鍛えることが可能です。

特に口元の筋肉をよく動かすと、若返りホルモンを含む唾液が盛んに分泌されたり、血流が良くなったりと、+αの効果 が得られるそうです。


すぐに始められる簡単エクササイズや耳リフレナージユでいつか来るマスクレスの日々に向けて、

自己メンテナンスナンスを始めようと思っています。

 

そして、普段からマスクの中でも口角を上げて、笑顔でいたいと思っています。

 

口角を上げると、自然と笑顔になり、気持ちを前向きになります。


そして周りにもいい影響を与えることができます。


そして周りが良くなればブーメランのように自分の所に戻ってきます。


そしてまた周りへとどんどん相乗効果が生まれます。

 

今、この瞬間、気づいた時から人は変われます!

 

若々しいハリのある表情を取り戻しましょう!

 

f:id:juno329:20210225165249j:image

今日もカフェでブログを一つ書きました。

 

 

 

 

孫との時間

 先日、味噌作りセットを購入して、孫と一緒に味噌を仕込みました。


孫はお味噌汁が大好きです。


一緒に食事をしていて、

お味噌はどうして出来るの?と孫に聞かれました。


3歳児ごろになると、

なんで?

ねぇどうしてなの?

が始まります。


うちの孫もそんな年頃です。


自分の子育て中は余裕もなく、

ダイスと麹が合体して、そこで、発酵と言う反応が起こって、美味しいお味噌ができるんだよ。と説明するのが精一杯だったと思いますが、


孫となればこちらも余裕があります。


なんで?にとことん付き合えます。

 

今度作ってみようか?

と言う事に!

 

一晩ダイスを水に浸し準備オッケー!

翌日早々、ダイスを蒸して、潰し、麹と混ぜ、容器に少しずつそれを入れていく作業を一緒にやってみました。


孫は、ばーばと一緒にコネコネして楽しかったなぁ、ぐらいにしか覚えてないと思いますが、


ちょっと長い工程で興味が薄れた時もありましたが、この日の体験を通して、毎日飲むお味噌汁がもっと好きになってくれることでしょう。

 

これで静かに暗い涼しい所で、10月頃まで寝かせるよ。☺️


もう蓋は開けたらダメだよ。


と言ってお味噌作り完了しました。🙆‍♀️


コロナ禍の中、外出もままならない時期ですが、それをプラスに捉え、こうした孫との時間を持つことができました。💕💕


大人になると、自分の知らないことは、疑問も持たずにスルーしてしまう事が多々あります。


3歳児の「なんで?」から

新しい情報や体験に触れるきっかけがある!


そんな気づきをもらいました。

 


孫から学んだこと。


人間は生きてる限り、知る楽しさを身につけるとで、いつからでも新たなことに挑戦できる。

 

私も孫に負けてはいられません!

自分がイキイキ出来る事、魂か喜ぶ事のためにこれからも活動していきます!

 

f:id:juno329:20210220151221j:image

 

 

コミュニケーションツール

 


ツールとは、道具や、用具、手段、方法などの意味を持ちます。

 

私は今、こうして一つのツールを使って

ブログを書いているのですが、

以前の私から考えると、思ってもみなかったことです。


例えば、自分の考えや、想いを書き留めるとしたら、

せいぜい、日記に書く程度だった私が、ブログという手段を使って、こうして多くの方々に発信しているのです。

娘も息子もびっくりしていると思います。


そして、共感してくださる方も少しづつ増えいることに、とても感謝しています。

 


コミュニケーションについても、

私が今まで生きてきた中で、人に会わずに自分の気持ちを伝える方法と言えば、手紙や電報、電話などでした。


最近では、LINEが使いこなせる様になったかと思っていたら、


今は、コロナをきっかけに、時代のスピードが早くなり、アナログから急にインターネットで発信するツールに変わりました。

 

私も、コロナ禍で人とのコミュニケーションの方法も、大きく変わらざるを得ない状態に、直面しています。


ついていくのに必死ですが、ここは頑張っています。


いくら、LINEが便利であっても、やはり、相手の顔を見て、表情などから相手の気持ちを察することは、コミュニケーションをとる意味でとても大事です。


ある社長さんから、大事な話はLINEより電話、電話よりzoom、zoomより会うことです。と教えていただきました。


現在、なかなか直接お会いしてコミュニケーションを図ることができない状況ですが、それを聞いてからは

なるべく心がけるようにしています。

 

今ではzoomというツールを使っていつでも、どこでも、簡単にできる様になったことは本当にありがたいことです。

 

これからも、どんどん時代の変化は早くなっていき、そのうち、また違ったツールが当たり前になってくる時代になるのでしょうね。

 

昔の私なら無理!と諦めていたと思いますが、このようなツールをうまく使いこなしている周りの若い方々から、沢山学ばせて頂き、理解不能になりかけても、仲間に助けてもらいながら、進められる環境にも感謝です。

 

新しいことは、若い人たちから学び、その分、若い人たちに意見を求められたら、今までの長い人生で培った私の経験を元にお話しをする。

そんないい関係を築けたら、素敵ですよね。


そして、これからもお互いを尊重しながら、時代に沿ったものを謙虚に学んでいきたいと思います。


私も、まだまだこれから!


どんどん、新しい学びに挑戦したいと思っています。

 

f:id:juno329:20210214133617j:image

良好な夫婦関係を築く


先日、ふとしたことから、夫婦について考えていました。

 


子供の成長に合わせて、形も変わってきていますが、私は共働きで、常に経済的にも精神的 にも50/50でありたいと思ってきました。

 


そして、ありがたいことに、その形は今も続いています。

 

 

 


恋愛中は『あばたもえくぼ』で何でも良いように見えて許せる。


しかし結婚をするということは共同生活となり、現実から目を背けられず、

 

『あばたはあばた』です(笑)

 


振り返ってみると、 子育て時代は、win-winの気持ちで、お互い時間が欲しいのだけど、譲り合い、やりくりし ながら、また、地域の子育て仲間も巻き込んで、楽しんできました。

 


その時の自分に出来る事を、精一杯夫婦でしてきました。

 


独身の時は、純子の顔、娘の顔でしたが、
結婚して子育て中は、純子の顔、妻の顔、嫁の顔、母親の顔、娘の顔と沢山の役割が
ありました。

 


人として、沢山の経験をさせてもらいました。

 

今は純子の顔、妻の顔、祖母の顔。

 

さて、

今の私65才に出来る最大の事は、なんだろう?

 


50歳!  ぼーっと生きてきたね! と言われるかも知れませんが、

自分の魂に耳を傾けずに、

 

どうなりたいかも考えず、

 

主人とは表面は仲良しだけど、 それぞれの仕事や活動に立ち入らず、 流れのままに身を委ね、

 

無駄な時間やお金を使ってきたかもしれません。

 


心の中は満たされない何かがありました。

 


でも、今は違います!

 


私自身の理念を作ったことで、


はっきりした着地点ができたことで、


終演を迎える準備ではなく、


今から!

 


ここから!


と言う気持ちで、


盛り上がっています。

 


勿論、地に足をつけて、

この歳でも、

 

精神的にも、

そして経済的にもしっかり自立した女性を目指しています。

 

60歳からの人生バージョンアップご一緒にしませんか?

 

f:id:juno329:20210127163630j:plain





 

行動に移す


日常的にやり慣れている事は、比較的サッと体が動きます。


しかし、新しいことや、やり慣れない事を始める時は、考え過ぎてしまい、なかなか行動に移せなくなることはありませんか?

 


私の年齢になると新しい事への挑戦は、躊躇することが多くなります。


以前は、


ああだろうか


こうだろうか


先に頭の中で考え,

そのうち、

失敗した時の自分や相手への言い訳を考えだします。

 

 

その結果、


出遅れたり


やり遅れたり


ついには、やらずに終わってしまう。

 

そして、少しの間、頭の隅っこに置いて、

時々思い出しては、やらないと。。。


やれない自分を思い


自己嫌悪に陥り


そのうちすっかり忘れてしまう。


そんな繰り返しでした。

 


でも、
そんな私も今は、


周りの人達に支えていただきながら、

早い段階で、行動に移すようになりました。

 

最速にとは言えませんが、確実に前に進んでいます。

なぜ、この年から変わることができたのか?

 

 

ポイントは2つ

1つ目は、一人で抱え込まず、サポートをお願いする。

 

2つ目は、自分の目指すもの、理念を持つ。

 

これを65歳にして知ったからです。

 


これで良いのだろうか?

 

自信ないなぁ?

と迷わずに、


時間を無駄にすることもなくなり、

 


自己嫌悪とも、さようならです。

 


新しい挑戦のときは、やはり慎重になることは大切ですが、


怖がらずに、


理念に沿って私らしく、


自分の魂が喜ぶことを、


これからも挑戦していきたいと思っています。

 


人はいくつになっても変われます。


あなたの気持ち次第で。

 


このブログを通して、同年代はもちろんですが、これから私の年齢に向かう50代の人たち にも勇気と希望を与えていけたらと思っています。

 

 


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

f:id:juno329:20210127160801j:image

プロ意識

 


最近、プロ意識について考える事があります。


私は、耳読みを始め、音で体の調子を整える音響施術をしています。


以前の施術所を一旦クローズして、新たなサロンをオープンするために、現在、準備期間を使って様々な学びをしております。


その中で特に、プロ意識について考えています。


先日、歯医者に定期検診に行きました。

その時の出来事なのですが、

担当の衛生士さんが、軽く咳をしてるなぁと思いつつ、診察台に座りました。

 

衛生士さんが私の口の中をチェックしてる最中に、軽くコンコンと2回ほど咳をされ、しばらくして、もう少し咳がひどく出そうになったらしく、チェックをやめて、誰もいない方を向いて咳をされました。


それでなくても咳に敏感になっているこの時期に、

口を開けている患者の前で、咳をする衛生士さんに対してプロ意識の低さを感じました。


以前の私なら、この衛生士さんどうなの?と思って終わらせていたと思いますが、


これは私に、あなたのプロ意識は大丈夫ですか?と教えてもらっている様に感じました。

 

そしてこの事を自分ごとと捉えてみると、どうなんだろう?

 

私は高いプロ意識を持ってお客様に接することができているのだろうか?


長年の通ってきてくださっている

患者様との距離感はどうだろう?


施術をする上で常に技術の向上を目指しているだろうか?


接遇マナーはどうだろう?


経営のプロになれているのか?


など、もう一度自分を客観的にみて、自分と対話してみました。


そうすることで課題も見えてきました。

 

こうして目の前で起こった出来事を自分ごととして捉え、改善できるところは直ぐにする。

そして自分一人ではできないことは、得意のアウトソーシングをするなど、サロンオープンまでに、整えていこうと思っています。


こうして、一つの出来事をどう捉えるかで、これからの人生が大きく違ってきます。


一つ一つの出来事を相手への評価ではなく、

自分ごととして捉えて、

私はできているの?

これでお客様にお金をいただいていいの?と


自分と丁寧に向き合うことで、常にプロ意識を持って、

更に人生バージョンアップさせていきたいと思っています。

 

f:id:juno329:20210119225848j:image

 

今日もカフェで一人時間を過ごしました。