Junko流!! 60歳からの人生 バージョンアップ術 ★

~昭和31年生まれのJunkoが真の豊かさを手に入れる 人生バージョンアップ術を伝授‼

できている自分を見る

95%はできている

f:id:juno329:20210716223606j:image

なにかうまく行かなかった時、

 

できていない自分を責めたりすることはありませんか?

人の行動の95%は「できている」行動だそうです。(アドラー心理学

 

それなのに、人は自分の「できていない」5%ばかりに目を向けて、自分を責めたり、

「できていない」自分に落ち込んだりしてしまいます。




朝から今のこの時間までを振り返ってみても「できている」ことが沢山あります。



例えば、

 

朝起きた。

 

歯磨きをした。

 

仕事にでかけた。

 

電話の応対をした。

 

車を運転した。

 

人と挨拶をした。

 

エレベーターのボタンを押した。



このことを「当たり前」だからと無視し、ほんのわずかな「できない」に注目してしまっている。

 

そのことに気づくと、自分に対しても「ごめんなさい」という気持ちが湧いてきます。



心理学を学ぶと


f:id:juno329:20210716223647j:image

私は現在『音響ビューティーヘルスLABO』というサロンを経営しています。

 

そして、もう一つ『一般社団法人WEAD耳つぼアロマ読みとき協会』公認の講師業もしています。

 

私は、WEADや社員研修でお世話になっている会社で経営者仲間や講師が集まる心理学、接遇マナー等の講座に参加しています。



その中で、アドラーや現代のカウンセリングの基を築いたロジャーズの学びなど様々な心理学をわかりやすく教えてもらっています。

 

今年で65歳を迎える私は、

何十年もかけ、よかれと思って培った感覚があります。それを否定するのではなく、

成長させ、進化することが売上にもつながっていくのではと思っています。

 

新しく立ち上げた『音響ビューティーヘルスLABO』は今までのスタイルからガラリと変えたこともあり、戸惑いながらも進めてきました。

 

そんな時に、心理学を学ぶことでずいぶんと助けられました。



WEAD協会の理事長が、

 

「白鳥は優雅に泳いでいるようですが、水の下では、必死に水かきを動かして前に進んでいるんですよ」というお話をしてくださいました。



私も水面下での努力を怠らず、できている95%に注目してひとつひとつの目標に邁進していきたいと思っています。

 

そして心理学の学びを自分だけのものと捉えず、お客様に寄り添えることにも役立てて、意味のある『音響ビューティーヘルスLABO』にしていこう!と決意をあらたにいたしました。

 

 

『やり抜く力』

物事を成し遂げている方の特徴は 

f:id:juno329:20210628232534j:image

仕事をする上でやり抜く力は必要とされます。


『GRIT やり抜く力』という本がベストセラーにもなりました。

GRITは、「困難にあっても挫けない勇気、気概、闘志」という意味があります。

 

その『やり抜く力』の源となるのが目標です。

私の周りの、物事を成し遂げている方を見ていて共通する特徴は


情熱

高い目標を持つ

粘り強さ

が長けている人です。


これは64歳に至るまで、沢山の方との出会いの中で感じてきたことでもあります。

 


小見出し:「情熱」と「粘り強さ」はありますか。


私の読んだ本に、【どんな分野でも大きな成功を収めた人たちは断固たる強い決意があり、並外れて粘り強く、努力家で自分が何を求めているかをよく理解している。

決意だけではなく、方向性も定まっている。】と書かれていました。


私の周りは経営者の女性も多くおられます。

この「情熱」と「粘り強さ」「方向性」が明確になっている方は仕事や経済が活性しています。

 

私も、今までの施術所を一旦クローズして、新しく『音響ビューティーヘルスLAB』を立ち上げるまでの期間に沢山のアドバイスをいただくことで、方向性が明確になり、決意を固めることができました。

 

以前の私は好奇心が旺盛で、一度やってみてから考えよう!と思い、健康に関して良いと言われることを沢山取り入れてきました。


それが結果的に目指す方向が複数になってしまい、疲れてしまうこともありました。


休業中に周りの方にお手伝いいただきながら、その整理もでき目指すところも明確になりました。


そして、オープン前には様々な出来事があり、「本当にこの音響ビューティーヘルスLABOをやりますか?」その覚悟はありますか?と問われている出来事が沢山ありましたが、お陰様でここまでやり抜けています。

 

年上ほどやり抜く力が強い


あるデータによると、年齢によって『やり抜く力』を示すスコアに差があるそうです。

なんと一番『やり抜く力』が強かったのは65歳以上でまさしく私の年代です。

反対に最も弱かったのが20代です。


やり抜く力には目標を持つこと、それも高めの目標を持つことが大切です。


その目標を持つことで4つのことに繋がります。

 

1.自分は今、何に集中するべきかがわかる。

2.人は簡単に手に入るものよりも、ちょっと頑張らないといけないものに一生懸命になる。

3.目標は粘り強さを引き出す。

4.課題を発見し、解決するために戦略を見出すことに繋がる。


わたしも目標がはっきりしていない時は、ブレブレで、必要のないところに力が入り、疲れてしまったり、何を頑張ったらいいのかが、わからなくなってしまうこともありました。


今は目標が明確になっているので、やり遂げるためには楽なことは何一つないと思え、粘り強く取り組めるようになってきたように思います。


ひとりではできない


たとえ情熱、粘り強さ、目標を持てたとしても、ひとりでやり抜くことはできますか?と

聞かれたら答えはノーです。


65歳以上がやり抜く力が一番あると言われても、ひとりでは到底できなかったと思います。

私は、周りの人たちに導いてもらいながら、手伝ってもらいながらここまで来れました。


その私の経験を次は導き、手伝えるものとして使っていくためにも「音響ビューティーヘルスLABOを意味ある場所にしていきたいと思っています。

 http://onkyo-labo.com

 

f:id:juno329:20210628201331j:image

音響ビューティーヘルスLABO

 

『ギャップ』

ギャップを埋めるだけ!

f:id:juno329:20210608110758j:image
今、女性が、自分のビジネスを持っているという時代です。


私の周りも、コロナが収束しても今までのようには行かないであろうと、現実をしっかり捉え経済的に自立を目指す女性が沢山います。


そして、一人ひとり目標は違いますが、真剣に自分と向き合いながら、自分らしく輝き、より良い人生にしたい!とがんばっておられます。


でも、その目標に向かって進みながらも、時には見失いそうになることもあるかもしれません。


ほんの1年ほど前の私も、自分が目指す理想はあるものの、

どうして行ったらいいのかわからず、ただただ目の前のことを必死でこなしていました。

 

でも今は少し違ってきています。

 

今の自分の状態と思い描く理想の状態とのギャップを知り、そのギャップを埋めるだけ!と考えられるようになりました。

 

正直に言うと、私の場合はギャップを『教えていただいて』ですが…

 

今日は車を走らせ(先日納車のレクサスちゃんと)日本海の海の見えるカフェでこのことについて書いてみたいと思います。

 

目標と目的

 

目標目的の違いを聞かれたら明確に答えられますか?


経営の勉強(WEAD世界耳つぼアロマ読みとき協会主催https://wead-with.com/)をする前の私は、聞かれてもはっきりと答えられませんでした。


言葉について調べてみると、

目標は、目的を達成するために設けた具体的な手段である。と書かれています。

 

私で例えると、

『音響ビューティーヘルスLABO』でお客様の施術をして、月の売り上げが○○円になり、しっかり経営していく!

 

これが目標となります。

 

そして目的は『音響ビューティーヘルスLABO』の理念とその理念を基に、JUNKOの人生、経済を活性化し子孫へと繋いでいくことです。

 

『音響ビューティーヘルスLABO』の理念

患者様の体の不調を少しでも和らげる事と共に現在の健康を維持していくための音響整体をさせて頂きます。

 

音響整体を通して、私の良さを表現し、皆様へ憧れ、希望、勇気、可能性を与えられる音響ビューティーヘルスLABOを創造して参ります。


音響整体を通して、良いご縁、良い情報だけと繋がり、共存共栄を目指します。

 

以前の私はこの目標目的が分らなくなりブレブレでした。

 

経営の勉強でこれらのことを教えてもらいながら、あくまでも目標目的に向かっていくためにクリアするものだと理解ができるようになってきました。

 

課題と解決法

f:id:juno329:20210608111039j:image
目的に向かう為の目標(理想の状態)と現在の状態がわかれば、そのギャップを埋めるだけでいいのです。


この音響ビューティーヘルスLABOのオープンを決めたとき、ギャップを埋めるための課題を教えていただきました。


例えば、

外見を磨く

内面を磨く

など

 

他にも沢山のアドバイスをいただけました。

そして次は、課題を解決する方法を考え行動するだけ!


私の場合は、

カリスマ美容師にカットしてもらう

フレンチ、和食の接遇マナー講座に参加する

美術館で芸術に触れる

心理学講座に参加する

家の断捨離をする


※ギャップを埋める課題や解決方法は人それぞれで、これはあくまでも私の場合です。

 

などまだまだ沢山ありますが、教えていただいたとおり行動してきました。

 

最初は音響ビューティーヘルスLABOを成功させるために何でカリスマ美容師さんなの??

と思うこともありましたが、今では理解ができます。

 

現状を変えたい一心の私は、

素直に受け入れ

行動に移しています。


 

一人で解決できないことも


目的を達成するために

目標を持つ

目標と今の自分とのギャップを埋めるための課題を見つける(見つけてもらう)

 

課題を解決していく。

 

一人では何が目的目標なのか?

そして、課題や解決方法など、

なかなか整理ができないかもしれません。

 

私の場合は、それをWEADにサポートしてもらい、

自分でできないことは、迷わずアウトソーシングをして今も進めています。

 

たまには、

焦りもあり、

落ち込むこともありますが、

 

大丈夫です!

進めていますよ!

と言う言葉に励まされています。

 


失敗もありながら、こうした私の経験を、

今度は私が音響ビューティーヘルスLABOを通してお伝えし、

お手伝いして行こうと思っています。

 

これも私の目的の一つです。

 

そして、今、新たにギャップを埋める課題の克服のために、WEAD美容健康セラピスト検定の勉強も始めました!

 

64歳のJUNKO

目的に向けて常に行動し続けます!

http://onkyo-labo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『JUNKO64歳 レクサスを買いました!』

f:id:juno329:20210523225507j:image


音響ビューティーヘルスLABOのJUNKOです。


ついにレクサスを買いました!


それって自慢⁈と思われるかもしれませんが、

そう思わずに…

この先もお読みいただけたら嬉しいです。


以前の私は、ご近所や周りの友達の目が気になってこっそり車を乗り換えていました。


そして、

あら?車変えたの?

と聞かれたら…


えっ うん‥

そうなの… というくらいでした。

 

そんな私がなぜ、皆さんに声を大にしてお伝えするのか。

それには訳があります。


それは、

いくつになっても

自分の気持ち次第で

思ったその瞬間から

なんでもできる!

ということをお伝えしたかったのです。

 

今まで車に興味がなかった64歳の私が、

レクサスを颯爽と運転したい!

そう思った瞬間から

レクサスに乗ると決めました!

 

いまこそ起業する

f:id:juno329:20210523202640j:plain

納車の時にNICAUTOさんから頂いたお花



2020年からコロナで世の中が一変しました。


実質的に失業状態にある非正規雇用者が「女性103万人、男性43万人」に達したそうです。


そんな厳しい世の中を乗り越えるためには一人ひとりの意識も変えていかざるを得ない状態になってきています。


私達の世代は、

男性が外で働き、女性は家を守る。

60歳を過ぎたらそんな主人も定年退職し、後は年金と今までの貯蓄でどうにか余生を送る。

という方が多いのではないでしょうか。


でもこれからは、それもままならない時代へと加速しています。


2014~2016年ごろに流行った女性の起業ブームがあり、趣味や得意なものを活かして起業していた女性達を一つのファッションのように取り上げられていた時がありました。


『地に足をつけて行く』という事を常に、ご指導いただいています。


今こそブームではなくその地に足をつけた起業を真剣に考えていくこともこの厳しい時代を生き抜く方法の一つだと思うのです。


そんな私も今年で65歳となり、高齢者の仲間入りとなるタイミングで沢山の方からアドバイスを頂き、今までしてきた施術所を一旦クローズし、一から起業することにしました。


いくつになっても

自分の気持ち次第で

思ったその瞬間から

なんでもできる!

 

正しく、いくつになっても現役で経済を回せる私、

その姿を子供や孫達に見せていく、

そして周りの同年代の方や若い方たちに、勇気を与え続けられるJUNKOでありたい。


だからこそ車はレクサスなのです!

 

64歳からの新たな挑戦となる

『音響ビューティーヘルスLABO』を今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

役に立つことから意味のあるものへ

私、Junkoは
5月8日に新しく『音響ビューティーヘルスLABO』をオープンしました。

 

 


この『音響ビューティーヘルスLABO』は、お客様に体の調子を整えてもらうことはもちろんですが、自分らしく輝く人生・活性へと繋いでいただける場所にしていきたい!

そんな思いを込めてオープンしました。

 

役に立つ施術所から意味のある『音響ビューティーヘルスLABO』へ

 


先日、『WEAD世界耳つぼアロマ読みとき協会』の経営学の講座で『役に立つ』と『意味のあるもの』の違いを教えてもらい、私が今までしてきた施術所は『役に立つ』施術所だったと気づきまし た。

 


私は、お客様に「体が楽になったわ! 」 と言ってもらうことを目指して、長年施術をしてきました。
もちろん、それはとても大事なことなのですが、一歩進んでお客様にとって『意味のあるもの』を提供できるそんな場所『音響ビューティーヘルスLABO』を作りたいと思いました。

 


例えば、『音響ビューティーヘルスLABO』に来ていただくことで、心身が健康になり、やる気 に満ち溢れ、自分の人生にも前向きになっていただき、その先を創造するお手伝いもできたら 『意味のあるもの』となれるのではと...

 


長年していた施術所を一旦クローズし、この期間に私の人生の振り返りをしながら準備期間も たっぷりと取り、唯一無二の場所を作りました。

 


先日、WEADの理事長初め、沢山の方々のサポートを受け『音響ビューティーヘルスLABO』のオープンを無事迎えることができました。

『音響ビューティーヘルスLABO』は耳から心や体の状態を読みといて、特殊な器具を使い、音(振動)で体の歪みを調律します。

 


もちろん『一般社団法人法人WEAD世界耳つぼアロマ読みとき協会』公認の耳つぼ施術や講座も受けていただけます。

 


施術だけでなく、お客様に意味を持っていただける空間を提供し、共にいくつになっても健康で人生や経済が活性化する、そんな豊かな人生を送れるサポートまでしていきます。

 


皆様のお役に立ち、さらに意味を与える『音響ビューティーヘルスLABO』

 

 

是非一度体験にお越しください。

お待ちしています。f:id:juno329:20210516141906j:image

変わりたいと思いながら。。。

変わりたいと思いながらも、変わっていくことに戸惑いを感じることはありますか。


私は、戸惑いや不安を感じることがよくあります。


その戸惑いや不安が原因で、

アクセルとブレーキを同時に踏んでいる時がありました。。。

 

好奇心と行動力は人一倍ある方なのですが、

やっているうちに停滞気味になったり、

やる気もある、行動もしているのに、どこかスッキリしない状態に陥ります。

 

今から思うと、不安から、いつも何かをぎゅっと握りしめていたようにも思います。

その想いが『変わりたい』にブレーキをかけているんだと気づきました。


今の歳になって、変わりたいと思うパワーが増してきています。

もういいわと思うのではなく、変わりたい! と。


変わるために、今まで握りしめていたものをまずは一つずつ手放すことにしました。


その一つの行動が

前回のブログで書いた車庫の整理です。


物を手放すことと、変わることは直結していないようでつながっています。


そして手放していくと、手放しても大丈夫なんだと、手放しが加速してきます。


そうすると、いつの間にかアクセルをスムーズに踏み、危険を認識したら迷わずブレーキを踏めるようメリハリのあるアクセルワークになっていることに気づいたのです。


まだまだ、思考も凝り固まってしまっている部分もあるので、直ぐに変われない所もありますが、日々頭を打ちながらも進んでいます。

 

周りからは不自由なく生活しているのに?


今更何を変えるの?


と言われることもあります。


そう、今までの思考や行動を変えたいのです!


まぁいいか。。。しかたがないよね。。。今更どうしょうもないわよ。。。


こんな思考を、行動を変えたいのです!


思考や行動を変えることが、子供や孫のためになるのだと今更ながら気づいたからです。


私が今やれることを精一杯行動し、その後ろ姿を見せること。。。


子供達に母の姿だけでなく、Junkoとしての生き方を見せて行くこと。。。


今更ではなく、今すぐに! 今からでも!


『子供は親の背中を見て育つ』という言葉があります。

それを実践していくのはとても大変で厳しい事です。

時には逃げ出したくもなります。


そう感じる時は1人で少し遠出をしたり、近場のカフェに出かけて自分を見つめたり、これからのことに思いを馳せたりして過ごすようにしています。

もう逃げたくないのです。逃げる自分が嫌だから。。。


(今は非常事態宣言発令中で遠出はなかなかできません)

 

今の私には着地点となる『理念』があります。


そして、サポートしてくれる仲間がいます。


一人で頑張らなくてもいいということが、どれだけすごいことなのか。

とてもうれしくて勇気をもらえて、逃げなくてもいいという、

とってもありがたい環境に、心底感謝してます。


時には厳しく助言してくれたり、いつも見守ってくれる方々のおかげさまで、やり遂げられています。

 

命ある限り、昨日の自分より成長できた喜びを共にできることを幸せに思っています。


そして、いよいよ5月8日に

『音響ビューティーヘルスLABO』がオープンします!

f:id:juno329:20210501110423j:image

一念発起

 

 

先日、「一念発起」をして長年手付かずになっていた車庫の整理をしました。

 

「一念発起」とは、

「思い切ってそれまでの考えを改め、あることを成し遂げようと決意すること」

 

「一念」が「深く一直線に思うこと」を意味し、

「発起」が「思い立って行動に移すこと」

 

語源は仏門に入り、悟りを開こうと固く決心することから。 「発起」は、仏道に帰依し、悟りを開こうと決意するという意味の仏教語になるそうです。

 

心に強く決意する場面で使われます。



この車庫は今までの私の在り方に深く繋がっている所でもあり、今後の私の活動にも大きく関わるので、

整理整頓もたんなる片付けではないと捉えて決意を持って手をつけました。




私は64歳にして自分のやるべきことがわかりました。

 

それはただの目標ではなく、生きる目的と言ってもいいかも知れません。

 

以前の私は「どうしたい」で仕事をしてきました。

 

そして多くの事をサポートしていただく中で、

今では「どうなりたいか」を考えれるようになってきました。



その「どうなりたいか」を考えた時に、自分と物との関係性を無視しては先に行けないことを教えていただき、物との関係性を見直すことにしました。




小見出し「実際は車庫という名の倉庫」

 

ようやく始めたものの、ここはかなり大がかりなものになりました💦

 

大がかりだからこそ、とても意味のある場所だと感じました。

 

まず、車庫にある全ての物を一旦外に出すことに…。

 

家族から預かった物は、処分に確認がいるため手をつけられなかったのですが、私の物をほぼほぼ不要と判断し、リサイクルや処分をする事にしました。

 

今回の車庫の整理で、沢山詰まっていた車庫の物を目の前に突きつけられ改めて長年溜め込んでいたことを視覚として捉えることができまし

私はこんなに溜め込んでいた💦

 

何かを考えた時に、いつも頭がいっぱいになっていたのはこれね!

 

わたしが車庫にパンパンに詰め込んでいたからだと…繋がりました!

 

家=自分

 

この整理を終えた翌日のzoom会議では、

 

なんだか若くなったね!

 

顔がすっきりしたね!

 

と多くの方から嬉しい声をかけられました。

 

 

車庫の整理整頓をしてから頭もスッキリして、会議や講義でも積極的に意見を発言できている自分に少し驚いています。

 

今後も頭がいっぱいになった時は自分の家で詰まっている所がないかを確認していこうと思います。

 

車庫も私も

本当にスッキリしました!!



その後、倉庫から本来の車庫に戻ったスペースに近々私の愛車となるレクサスが入庫する予定です。

 

レクサスで颯爽と走り回り、「どうなりたいか」に向かって邁進していきます!


f:id:juno329:20210426145424j:image
コーヒーでほっと一息